医療保険について

SPONSORED LINK

離婚の手引の画像09日本には国民皆保険制度があり、
全ての国民は医療保険に
加入しなくてはなりません。
自営業者や農業従事者、
無職の人が加入する「国民健康保険」と
会社員が加入する「健康保険
のどちらかに加入します。

保険証は、医療保険の種類に関わらず
世帯単位で作成されます。
被扶養者は個別に保険料を
納付する必要はありません。

離婚後は被扶養者だった配偶者は
自分を世帯主とする国民健康保険か健康保険に
新たに加入しなくてはなりません。

加入手続きの方法

1.妻が就職して勤務先の健康保険に加入する場合
 勤務先が健康保険の加入手続を行う

2.妻が自営業を始める場合や無職の場合
 市区町村役場で国民健康保険の加入手続を行う

どちらも、夫の勤務先から資格喪失証明書の発行
(健康保険から抜く手続き)を
してもらう必要があります。
加入後は、毎月保険料を納付、
または給料から天引きされます。
保険料額は収入に応じて決定されます。

子供の医療保険

離婚後に自分の医療保険に子供を加入させる方法

1.子供を妻の健康保険に移す場合
 勤務先に異動届を提出する

2.子供を妻の国民健康保険に移す場合
 市区町村役場に異動届を提出する

どちらも、夫の勤務先から「資格喪失証明書」
発行してもらう必要があります。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!離婚とお金の関連記事
  • category
    離婚とお金

    「慰謝料を払ってもらいますからね!!」 ドラマなどで離婚の際によく聞く言葉ですね。 離婚をしたら 必ず慰謝料を相手に請求できるもの なのでしょうか? 実は、慰謝料は離婚をして請求したら 必ず貰えるものではないのです。

  • category
    離婚とお金

    離婚したら、 夫婦で購入した住宅や自動車、 積立てしてきた財形貯蓄や、 払い込んできた学資保険や生命保険は 一体どうなるのでしょうか? 財産分与とは、 結婚期間中に夫婦で協力して築いた財産を 離婚にともない分けることをいいます。

  • category
    離婚とお金

    憧れのマイホーム購入後に離婚!! 住宅ローン返済や住宅の名義は 一体どうなってしまうのでしょうか? ①離婚より妻が家を出る 夫が住み続け、 不動産名義も住宅ローン名義も 夫のままとする場合。

  • category
    離婚とお金

    婚姻費用とは、婚姻期間中の生活費のことです。 衣食住費や,子どもの教育費、交際費、医療費 といった費用のことをいいます。 夫婦が別居中だとしても、 収入が多い配偶者が 収入が少ない配偶者を 助けなければならないという義務があります。

  • category
    離婚とお金

    年金分割とは, 離婚後に厚生年金の標準報酬を、 夫婦で分け合うことができる制度です。 年金分割の対象となるのは 「厚生年金」と「共済年金」です。 「国民年金」を分割してもらうことはできません。

  • category
    離婚とお金

    離婚後はひとり親家族の生活を 助けてくれる公的制度、 福祉サービスを積極的に利用しましょう! 〇児童扶養手当 18歳未満 (一定の障害にある場合は20歳未満)の子供を 扶養しているひとり親家庭に支給されます。