協議離婚について

SPONSORED LINK

離婚の手引の画像協議離婚とは、
夫婦が話し合いによって合意
離婚届を作成して、
市町村役場に提出し
受理されれば成立します。
日本での離婚の90%
この手続きを取っています。

協議離婚は手続きが簡単です。
離婚届を提出するだけで、
高額な法律費用もかからず
離婚が成立します。
離婚届けには、
夫婦それぞれの署名、
本籍地住所、生年月日、押印と
20歳以上の証人2名が必要になります。

協議離婚の流れですが、

①離婚条件の話し合い
 子供の親権、養育費
 財産分与、慰謝料について話し合います。
 
 
②合意に至れば公正証書を作成、離婚
 早く離婚したい気持ちは分りますが、
 何も決めないで離婚してしまったり、
 口約束だけで離婚してしまったりすると
 後々トラブルになる可能性があります。
 合意内容を離婚協議書として文書化します。
 金銭の支払いを受ける場合は、
 将来支払いが滞った時の事を考えて
 公正証書を作成します。
 
 協議離婚書に記載すること
 ・財産分与の金額と支払い期日
 ・慰謝料の金額と支払い期日
 ・養育費の金額と支払い期日
 ・子どもの親権者
 ・子どもの監護者
 ・面接交渉権

 公正証書の作成
 公正証書の作成は難しくはありませんが、
 専門的知識を持つ弁護士や司法書士や行政書士に
 文書作成を依頼したほうが良いでしょう。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!離婚の方法の関連記事
  • category
    離婚の方法

    夫婦で離婚について話し合いを したけれども合意に至らない または、 夫婦のどちらか一方が話し合いに応じない場合は 法的第三者に間に入って貰い話し合いをします。 これを「調停」といいます。 日本では約9%が調停離婚です。

  • category
    離婚の方法

    調停を何度も重ねたにもかかわらず、 長期化していて離婚が成立しない場合、 どうしても譲れない条件があり 合意が成立する見込みがない場合、 調停成立の目前に出頭しなかった場合、 家庭裁判所が審判を下し、 職権で離婚を妥当とする決定を行う こと…

  • category
    離婚の方法

    調停離婚での話し合いで、 上手くいかなかった場合の最終手段です。 夫婦のどちらかが申請して裁判を起こします。 たとえ相手が裁判の判決を受け入れなくても、 強制的に離婚しなければなりません。