調停離婚について

SPONSORED LINK

離婚の手引の画像夫婦で離婚について話し合いを
したけれども合意に至らない
または、
夫婦のどちらか一方が話し合いに応じない場合は
法的第三者に間に入って貰い話し合いをします。
これを「調停」といいます。
日本では約9%が調停離婚です。

調停は家庭裁判所で行われます。
家庭裁判所に調停を申し立てると、
約一ヶ月くらいで裁判所より
夫婦それぞれに
呼び出し状が届きます。
調停は平日に行われます。

調停離婚は簡単な手続き
安価な費用
(申し立て費用:収入印紙¥1200)で
利用することができます。

離婚調停は、
調停委員と裁判官が夫婦の間に入り、
相手の顔を見ない状態で
話し合いを進めていきます。
夫婦が顔を合わせないよう待合室も別ですし,
調停室に入るときも交互に入る等の配慮がなされています。

調停は1ヶ月に1回程のペースで、複数回行われます。
申し立てから終了まで、
3ヶ月から半年、長いと1年ほどかかることもあります。

調停で夫婦の合意が得られると、
調停調書が作成され離婚が成立します。
調停で夫婦の合意が得られないと、
調停の取り下げ、または調停不成立となり
審判や訴訟へ移行します。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!離婚の方法の関連記事
  • category
    離婚の方法

    協議離婚とは、 夫婦が話し合いによって合意、 離婚届を作成して、 市町村役場に提出し 受理されれば成立します。 日本での離婚の90%が この手続きを取っています。 協議離婚は手続きが簡単です。

  • category
    離婚の方法

    調停を何度も重ねたにもかかわらず、 長期化していて離婚が成立しない場合、 どうしても譲れない条件があり 合意が成立する見込みがない場合、 調停成立の目前に出頭しなかった場合、 家庭裁判所が審判を下し、 職権で離婚を妥当とする決定を行う こと…

  • category
    離婚の方法

    調停離婚での話し合いで、 上手くいかなかった場合の最終手段です。 夫婦のどちらかが申請して裁判を起こします。 たとえ相手が裁判の判決を受け入れなくても、 強制的に離婚しなければなりません。